本文へスキップ

穴窯の製作、販売、設置

電話でのご予約・お問い合わせはTEL  026-221-1442  090-3063-0253

〒380-0913長野県長野市川合新田3456

穴窯による 焼き締め 陶芸

茶室待庵 無煙薪窯 穴 窯 NEWS  アクセス お問合せ

火と向き合う陶芸を追及し、穴窯での焼き締めに魅せられて、火学舎は、古の知恵を化学します。

釉薬を掛けず、薪からの、火力と灰にて、作品に景色を描く穴窯焼き締め陶芸の魅力です。

 陶芸の原点でもある、古代窯の原理を化学の目で解析し、その自然釉、ビードロ、灰かぶりといった、火と灰の芸術を 追及するのが 北村幸雄の「火学舎」/かがくしゃ です。火学舎は、穴窯を燃焼というキーワードで化学し、二次燃焼による温度上昇の利用、空気の流れの調節による、窯内の酸化、還元の意図的調節を行うことが可能な、無煙薪窯を開発しました。小型、焼き締めに必要な時間、薪の量の削減に成功しております。しがしながら、焼き上がる焼き締め作品は、従来の穴窯での作品と変わらず自然釉が流れ満足いただけると思います。
 穴窯での焼き締めは、多かれ少なかれ、陶芸を志す者にとっては、経験したい作陶です。しかしながら、穴窯を築窯するのには、場所、煙、コスト/築窯費用、薪代など、時間等の問題があります。
 火学舎が、開発し、特許を取得した「無煙 穴窯K-2」は、上記課題を少しでも軽減した現代にあった古代窯です。また、設置型もございます。北風茶房にて見学できます。 
 
 穴窯を設置するに、必要な、小屋の建築も承っております。宮大工として、神社、寺院をはじめとして、文化財の修理、再生をしております。真田ブームで有名な、長野市松代の国重要文化財「旧横田家」の棟梁として、武家屋敷の再生を行いました。ギャラリー喫茶「北風茶房」には、京都府山崎町の妙喜庵にある利休が築いたとされる茶室「国宝 待庵」の原寸大の茶室を復元し、貸茶室として、設置してあります。現在は、妙喜庵を見学するには、往復はがきによる予約が必要で、たとえ見学が許可された場合も、待庵はにじり口からの見学で、
内部に立ち入ることはできません。当然、写真撮影も禁止です。

  
 
   無煙 穴窯K-2
  

     
     
    
   設置型の無煙薪窯  原理はK-2と同様です
  無煙薪窯は、国宝・待庵原寸大復元茶室と同様に
  陶芸ギャラリー喫茶「北風茶房」にて見学できま
  すが、予めご連絡ください。

 壺型の大型穴窯による作品

 

-- 宮大工として -- 国宝・待庵の原寸大復元 茶室の展示

  
  

 茶室「国宝 待庵」を原寸大にて再現しました 
     東京美術倶楽部にて 平成27年6月/10月に
     茶室 待庵の展示

 ぎゃらりー喫茶 北風茶房  北村幸雄の作品を展示しております
                国宝・待庵の原寸大復元 茶室を
                常設展示しております。
       待庵の見学希望の方は予めお電話ください。


    


     



このページの先頭へcopyright©2017 火学舎・国宝待庵  all rights reserved.

Total 
Today    
Yesterday